POSレジスターを使いこなす方法

レジスターはお金を精算するために必要なもので飲食店や小売店などに導入され、お客様と金銭のやり取りを行う場合に計算と記録を行うための機器です。レジスターにはレシートの発行機能がついており、お客様とお店のほうに記録を残すようになっています。その機能をより拡張的にしたものがPOSレジスターというもので、これは販売時点情報管理ということで、お客様が商品やサービスを購入した時に記録する情報を元に様々な管理や分析を行うことができるようにしたものです。スーパーやコンビニなどでは当たり前のように設置しておりますが、最近は機械も小型化され安価になったことなどチェーン展開している店舗でも導入が進んでいます。最近ではいかに販売時点の情報を分析して使えるようにするかがポイントとなります。

POSレジスターはリアルタイムにデータ活用

レジの機能として販売時にバーコードリーダやキー登録によってどのような商品が売れたのか情報をとることができます。特にほとんどの商品にバーコードがついていることもあり、そのコードを読み取ることでどのような商品がいくらで売れたのか記録することができるのです。読み取った情報はすぐに記録することができるということと、最近のPOSレジスターはネットワークに接続されているため、本部でもリアルタイムに情報を確認することができるのです。またPOSの機能として在庫管理があり、商品ごとに売れた数がわかるため差し引き在庫数をすぐに計算することができます。よく売れている商品はすぐに発注をかけて在庫を補充する、売れていない商品は販売促進を行う方法を検討するなど売上アップの繋げることができます。

最近のPOSレジスターの機能とは

最近のPOSの機能としてより売上アップ、販売促進に繋げることができるように様々な情報を販売時点に記録するようになっています。例えば日時とともに天候などの情報を記録する、購入されたお客様の情報を記録するといったことです。男性や女性といった性別以外にも年齢層なども記録することができるため、時間帯や天候によって変わる売れ行きなども情報として捉えることができるようになります。その情報を蓄積して、活用することで例えば天候が変わることによって売れる商品が変わるという判断ができるようになり、売れやすい商品を棚に展開するといったことも可能となるのです。最近はタブレットタイプのPOSも増えてきており、お客様に対してより細かいサービスを行うことができ、費用も抑えて導入することができます。