POSレジスターのメリットとは

飲食店、スーパーやコンビニなどで目にする機会の多い「POSレジスター(POSシステム)」は、古い形のレジスタ(手打ち式)と何が違うのかというと、それは「管理能力」です。例えば、手打ち式のレジスターの場合、商品ごとの価格を記憶しておかなければいけなかったり、それが必要ない場合でも、売上の集計、管理や分析は人力作業になってしまいます。以前はこのような形が普通だったため、ほとんどが人力で作業していました。しかし、現代にはPOSシステムという非常に便利なツールが存在しているため、特に大手企業などはほとんどが導入しています。相応のコストが必要なPOSシステムですが、積極的に導入される理由は「メリットがあるから」に他なりません。それでは、具体的にどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

POSレジスターなら管理コストを削減できる

大手小売店などでは、一日で動く商品の数(取引の数)が膨大です。そのすべてを集計、分析する作業を人力で行った場合、数名で取り掛かっても数日程度かかってしまうことも珍しくありません。企業における管理コストのうち、最大のウェイトを持つ人件費を節約することは、企業が効果的に利益を生み出すためのポイントです。POSレジスターを導入することによって、人力による集計や分析作業を行うことなく管理できる状態ができ上がるため、そこに掛かる労力(コスト)を大幅に削減することができます。もっとも、最終的な解析は人の目によるものになってしまいますが、一人の担当者があまり時間を掛けずに数店舗の管理ができる程度には簡略化されます。その結果、マーケティングやマネジメントに向けるベクトルを増やすことが可能になります。

効果的なマーケティングツールになる

POSレジスターには、集計したデータをリアルタイムで管理できる仕組みがあります。例えば、飲食店に来店した顧客が注文した商品は、注文を確定した段階でPOSシステム上に登録されます。誰が(どこの席が)何を何個注文したのか、何時何分に注文したのかといった基本データはすぐに解析され、システムを導入してからのデータが日々蓄積されていきます。すると、自店におけるピークタイムとアイドルタイムの客観的な判断、売れ筋商品や死筋商品の把握などが行えるようになります。これらの分析は人力でも可能ですが、そこに掛かる時間と労力(コスト)が非常に大きくなります。しかし、POSシステムを用いて管理するようになると、まったくと言って良いほどコストを掛けずに同じだけの分析ができるようになります。