POSレジスターにはどんな機能があるか

販売時点情報管理をご存知でしょうか。販売時点情報管理とは売り上げをリアルタイムに把握が出来る、商品在庫もリアルタイムに把握が出来るなどのメリットを持つ管理方法です。例えば、スーパーのお店などでは、お客さんが商品を購入すると、お店の中の在庫数が減る事になります。また、お客さんが商品を購入するとお店の売り上げが上がる事になります。しかし、在庫数が幾つ減ったのか、売り上げが幾らになったのかは結果を集計しないと分かりません。販売時点情報管理の場合は、お客さんが買い物をした瞬間に在庫数が幾つになるのか、売り上げが幾らになるのかを瞬時に把握出来る管理方法であり、物以外を販売する飲食店や居酒屋店などでも使用する事が出来るPOSレジスターを使う事で管理を容易に行えるようになります。

スーパーではバーコードで管理が可能です

スーパーなどのお店で販売している商品にはバーコードと呼ばれている白と黒の縦線が描かれたバーコードが記載してあります。白と黒の線は太さが異なるため、それぞれには所定の情報が記載してある事が分かります。しかし、何が記載してあるのかは人が見ても分からないのです。POSレジスターに付属しているバーコードスキャナーを使うと、バーコードの情報を読み取る事が可能になります。バーコードには価格が記載してあるのではなく、商品情報が記載してあり、バーコードスキャナーで読み取った情報を管理データベースの中で検索を行い、金額を引き出した上で、商品名や金額をレシートに記録しているのです。スーパーなどの場合、定期的に安い売りなどを行う事が多いので、バーコードには商品情報だけを記載してあるのが特徴です。

飲食店はタブレット端末や専用端末を使ったPOSレジスター

飲食店や居酒屋店などの場合、スーパーの用にバーコードで商品を管理する事は出来ませんが、タブレット端末や専用端末の画面上でメニューを選ぶと、売り上げが計上出来る仕組みになっています。店員さんがお客さんからのオーダーを受ける時、専用端末のメニューを選ぶ事でPOSレジスターに情報が転送されます。お客さんが帰る時には既に会計処理が完了しているのでお客さんを待たせずに会計を行えるなどのメリットもあります。さらに、オーダーを受けた時点で売り上げが計上されているので、お店のオーナーさんは現時点での売り上げを把握する事が出来ますし、チェーン店などの場合はそれぞれの店舗の売り上げ状況をチェックが出来るため、食材等の仕入れを行う時にも役立つシステムになってくれます。