POSレジスターにはこんなメリットがある

POSレジスターというのはPOS機能とレジスター機能を持ち合わせたものですが、一般的に金銭の受け渡しを行うレジスターは店舗などで商品を販売したり、サービスを提供することで発生する金銭の受け渡しを記録するものです。POSというのは販売時点の情報管理を行うことができるシステムのことで、金銭の受け渡しを記録するだけではなく、販売した商品やサービスの情報を記録します。コンビニやチェーン店など多くの店舗に導入されているもので、その販売時点情報をネットワーク経由で記録して分析を行うという方法もあります。販売時点情報管理より分析を行うことで売上を改善、販売促進に繋げるためのもので、最近は購入した顧客の情報も捉えることでより詳細は販売データを記録することができます。

POSレジスターの活用に欠かせないもの

POSレジスターがここまで普及したのはバーコードとバーコードリーダーです。従来のレジスターだけでは金額や品種を手入力することになりますが、間違いが発生したり時間がかかってしまうことにもなります。また新しい商品ができるたびに登録作業を行う必要もあります。しかしバーコードとバーコードリーダーがあれば、打ち込みにかかる時間を短縮することができ、入力間違いも防ぐことができます。新しい商品が出来た場合もネットワーク経由で登録を行うことも可能なので、いつでも最新の情報を利用することができます。これら記録されたデータを活用するためには分析しなければなりません。店舗ごとのノウハウとなりますが、いつ誰にどのような商品をいくらで販売したというデータ意外にも、日付は時刻、その日の天候といった情報も活用します。

POSレジスターのメリットについて

最近のPOS機能は売上データの収集や在庫管理といった機能も持ち合わせています。売上データということではどの時間帯に、どの商品がいくらでいくつ販売されたという情報より、その記録から売上を確認することができます。同時に商品の出入りを管理することができるため、在庫管理も行うことができます。在庫が少なくなれば発注を行い、在庫が過剰なものは販売策を検討しなければなりません。レジスターで金銭の記録を行うため、不正を防止することもできます。操作に慣れていない人でもスムーズに対応できるようになっています。商品も登録されていると金額の打ち間違いもなく安心できます。多店舗展開する経営者にとっても商品販売動向を知りたいと考えますが、その情報をすぐに集めて確認することができるというメリットもあります。